福岡現在芸術ノート

武田義明・著「福岡現在芸術ノート」花書院、2021年10月1日 発刊 

販売店;金文堂(新天町店)、積文館(新天町店)、ジュンク堂天神店、amazon

――― 福岡で活動する現代芸術家とその作品についての論考25編

[目 次]

本書に寄せて…安永幸一

グループ玄…五〇年の軌跡とその周辺

井川惺亮…場所あるいは絵画としてのインスタレーション

宇田川宣人…板塀、あるいは記憶のスクリーン

貝島福通…平面からヒダへ

河口洋一郎…デジタル生命の宇宙

菊竹清文…情報彫刻―自然✕技術×人間

近藤えみ…白、あるいはトリルの響き

酒井忠臣…黒、あるいは無の輝き

田浦哲也…超現実的想像力の行方

中村俊雅…幸せのしずく

濱田隆志…〝芯〞を描く

原田伸雄… 踊ろう!肉体のロゴスよ

日賀野兼一 …海の上のアルカディア

平山隆浩…アートの種を育てる

黄禧晶(ファンヒジョン)…カオスから母なる海

古本元治…清風、地にあまねく

松尾洋子…奏でる、昇る

光行洋子…ニューヨーク×あるいは柳川、青の構図

森信也…哲学する画家

八坂圭…光を描く

障がい者たちの想像力 (コアサイドアートをめぐって)

東勝吉と湯布院町の人々…八十三歳からの水彩画展
岡本太郎と新天町商店街